Unihertz Titanが来ました!

クラウドファンディングしていたUnihertzのTitanが到着しました!

ユニハーツはこちら

QWERTY配列のキーボード搭載の防塵防滴タフネススマホです。

 

見た目通りかなりの変態スマホ?です。

当方のキャリアは「mineo」Dプランです。
問題なく認識しました。
※設定方法は下に書きました。

実は初期設定前にファクトリーリセットしようとしましたが、中国語だったので諦めて初期設定に進みました。

 

初期設定完了後、QWERTYキーボード初使いなので入力に困りました。

キーに小さく刻印されている文字を打つには「alt」キーを押す必要があります。
文字変換はキーボード中央下のスペースキーです。
このあたりはPCと同じ操作感ですね。

ノーマルの入力よりは下に書いたAqua Mozc for Titanを使うほうがストレス無く文字入力できると思います。


とりあえず気になった点

4Gのつかみが悪いが使っていると安定してくる?
なぜか自宅では3Gになりやすく、外出して戻ると4Gになる
まずはAPNの設定をしないといけないらしいです。
私の使っているのは『マイネオ』です。
他のMVNOをお使いの場合も同じように設定する必要があります。

「設定」から
「ネットワークとインターネット」wi-fiをオフにします。
「モバイルネットワークの詳細設定」-最下段の「アクセスポイント名」へ
「画面右上の「+」をタップ
「名前」をタップし適当な名前を入力(みねお)でおk
「APN」は ”mineo-d.jp”
「ユーザー名」は ”mineo@k-opti.com”
「パスワード」は ”mineo”
「認証タイプ」は ”CHAP”
「MVNOの種類」は ”SPN”
最後に必ず画面右上の・が3つ並んだ所をタップして「保存」をして下さい。
モバイルネットワークの設定は以上です。

キーボードはGoogleIMEを入れてみましたが「BSキー」を押すとなぜか消そうとしている文字が貼り付けられてしまう現象が起こる。
私だけの環境だろうか。

某掲示板で紹介されていたAqua Mozc for Titanをインストール
初めて使うので勝手がわからないがGoogle IMEの辞書がインポートできたので良しとします。
Aqua Mozc for TitanについてはTwitterを追っかけると良いと思います。

・Novaランチャー、EVIEランチャー共にバッジ通知されない。
いまのところEvieランチャー使ってます。
ただしAndroidなので通知ランプが点滅してくれるのでバッジは不要かも。

NOVAランチャーを再度インストールしたところバッジ通知されるようになりました。
ホームとプライム両方入れています。

QRコードリーダーはない?
Intelligent asistanceのなかにSCANという項目があります。
これがQRコードリーダーだと思います。です。

・スリープ状態で本体を動かすとスリープ解除になるのをやめるには。
設定の「ディスプレイ」「指を離してスリープ状態から復帰」をOFFにする。

・SDカードはサンディスク64GBを使用
他のAndroidスマホで使用していたものをインストールしましたが、フォーマットしなければ認識しませんでした。
初期設定段階ではカメラ画像は本体に保存されるようになっていましたが、設定-Storage passから保存先を変更できました。

・バッテリーの持ちは悪くないと思います。
用途で個人差は出ますが私のは無設定で丸2日持ちます。

・TitanにSuicaカードを追加しました。
背面にポケットを貼り付けスイカカードを忍ばせました。
いつも利用するローソン用にポンタカードも入っています。

もちろん電磁波エラー防止シート入です。

 

まだまだ使い込まないと分かりませんので追記していきます。


UnihertzはJelly Proに続いて2台目

Jellyは手のひらにスッポリ、Titanは手に余るほどの大きさという。

Jellyも好きなのですが流石に小さすぎてLINEの返信もままならず

バッテリーも常に気にしないといけないので常用は難しい面もありました。

まあ、この馬鹿デカイTitanも使い所は限られそうですが。

デスクワークが主の私ですが常用してみて案外と悪くない。

キータッチが重いこと以外は、慣れたら問題ない感じです。

 

Unihertzさん次機種楽しみにしていますよ。

 

スマホ版Googleカレンダー 過去の予定を検索

パソコン、スマートフォンで便利に使わせてもらっているGoogleアプリ

その中でも仕事やプライベートで多用しているのがカレンダーです。

そのカレンダーで気になったことがあったので深堀してみました。

過去の予定を検索するのに、普段はパソコンを使っているのですが、スマホやタブレットでは1年前までしか表示されません。

パソコンを使ってデーターのエクスポート・インポート(2年前以上の予定でも編集すれば表示される)をやってみましたが、スマホ・タブレットでの結果は同じでした。

ちなみにスマホはiPhoneでOSアプリとも最新、タブレットはipadとAndroidを使っています。

ようやく結論ですがスマホやタブレットではブラウザからカレンダーにアクセスして過去の予定を検索するしかないと思います。

パソコン、スマホ、タブレットで共有できて、なおかつiOSとAndroidも関係なく使え、過去の予定も全て検索できるアプリがあれば良いのですが。

BEVA レーザー距離計買ってみた。

Amazon見ていて買ってしまった。

『BEVA レーザー距離計 最大測定距離60M』というモノ

何に惹かれたかというと『測定距離60m』が本当に測れるのか?

通常の巻き尺でも50mが最大だが、60m測れたらかなり便利

 

到着がたのしみ


ということで購入二日後に到着ました。

大きさは・・・DVDのリモコンサイズ?

付属の電池を入れて早速使ってみました。
スケールがなかったので正確さは分かりませんが手軽に計測できるのは良いですね。
60mまで測れるみたいですが、よく考えてみればこんな小さな赤い点を60m先では目視できません。
せいぜい20mくらいが限界ではないでしょうか。

建築やさんが墨出しで使うのには無理がありますが、リフォームで室内の幅を測るのには良いと思います。

Amazonレビュー見て購入

手を滑らしてスマホを10センチくらいの高さから落としてしまったのだが、気がつくとガラスフィルムにヒビが入っていた。

仕方ないのでAmazonで再購入
検索してレビューで1番人気だったのがコレ

前回のはエッジ部分が気になったが、今回のはエッジのラウンドが綺麗で触っても引っかかりが無い

しかもケース付きだったのはポイント高いですね。
私はケースなしで使うことが多いのですが、乾燥肌には必需品かも

今度のは簡単に割れないと良いのですが。

スマホのお話し3(ASUS ZenFone3)

iOSのバージョンを上げたことにより「モッサリ」してしまったiPhone5sの次機種としてゲットしたのが『ASUS ZenFone3』

モトローラのMoto G4 Plusが本命でしたがHUAWEI nova liteが発売されそちらも気になりましたがなかなか手にすることができず、ショップに立ち寄った際に実際の動作の良さでzenfone3に決めました。

当初ケースは【Qosea】Asus Zenfone 3 ZE520KLケース カバー 高品質TPU シリコン ケースに。
液晶保護フイルムはZenFone 3 ガラスフィルム 5.2 インチ フルカバー 3Dに。
しかし10日ほどで胸ポケットから滑り落ちた際に液晶面がバリバリに・・・やっちまった。

幸いなことに液晶保護ガラスだけが割れただけで本体液晶は無傷でした。

これを機にカバーを手帳型に変更
ASUS View Flip Coverをなにげにアマゾンで購入、ただの手帳型カバーと思い買ったのですが取り付けてみてびっくり。
カバーに開いた丸窓には時間や着信表示がされるのです。
いや、これは本当に便利だと思いますよ。

Zenfone3についていは詳しいサイトが沢山あるので他に方のサイトを参考にしてください。汗

黒樽買って見ました。

友人が持っていたのを見て購入意欲が爆発し、1年半ほど使っていた携帯の調子が悪くもなっていたので買ってみました

ネットで買うのは初めてですが手続きは簡単だし、1000ポイントが貯まっていたので1890円で買うことができました。手数料・送料込みなのにはビックリ!
2chで少し調べておいたので早速Flash時計をダウンロード、見た目も自分の好みにしてみた。
次はストラップかなー 純正品は・・・なんだっけ、山梨名物の「ほうとう?」みたいですね。。。
あとケースも欲しいがショップでは2500円もしてたなー

どこかにケース安くあれば欲しぃ