Windows10で積算ソフト

今日もまたパソコンに関連する相談がありました。

「MS-DOS時代から使っている積算ソフト(今はWindows対応版)がWindows10だと、うまく動作しない」

とのことです。

インストールはできているのですが、プリントアウトができない・PDF変換にも進めない。という・・・クリーンインストールした10での問題らしい。

結果は「互換性」にチェックを入れることにより動作したので問題は解決したのですが、自社に合わせて作っていただいたソフトで殆どの社員が使用するので、乗り換えも難しいとのことです。

ソフトウェアのことは分かりませんが、完全にWindows環境で開発されたソフトでないとこれからのOSで完璧に動作させるのは難しそうですね。

Windows10バックグラウンドアプリ

知人より東芝のダイナブックパソコンのリカバリを頼まれた。

 

Intel core i7のなかなかスタイリッシュなPC

このダイナブックのリカバリーは、電源ONと同時に「F12キー連打」

「Boot Menu」の下の方にリカバリーメニューがあるので選択すれば進みます。

 

リカバリーを終えてWindows UPDATEも完了

しかし調子よくない・・・

本当にi7?って感じの動作である。(SSDじゃないからだけど)

スタートメニューを見ると色んなソフトがインストール済み
これらが常駐しているのか?

ということで、バックグラウンドアプリをKillすることに。

方法は簡単

「スタートメニュー」-「設定」-「プライバシー」-左側のメニューをスクロールして下の方にある「バックグラウンド アプリ」を開く

 

今回はとりあえず一括「OFF」にしています。

※この画像は私のPCのものです。

もしも何か支障がでたら個別に「ON」設定にすればいいだけです。

2020初走りに行ってきました。

今年の初走行へ行ってきました。

風もさほど強くなく穏やかな天気なのですが・・・

相変わらずの走り込みの少なさでダメダメです。

50も半ばに近づいてきてこの先が思いやられます。。。

毎年お正月に『今年こそは!』と誓うんですけどねぇ~

 

今日の千曲川CRは結構多くのローディーがいました。

皆さん颯爽と走っていて、なかには半パン姿の方も・・・あれは真似できない!笑

Unihertz Titanが来ました!

クラウドファンディングしていたUnihertzのTitanが到着しました!

ユニハーツはこちら

QWERTY配列のキーボード搭載の防塵防滴タフネススマホです。

 

見た目通りかなりの変態スマホ?です。

当方のキャリアは「mineo」Dプランです。
問題なく認識しました。
※設定方法は下に書きました。

実は初期設定前にファクトリーリセットしようとしましたが、中国語だったので諦めて初期設定に進みました。

 

初期設定完了後、QWERTYキーボード初使いなので入力に困りました。

キーに小さく刻印されている文字を打つには「alt」キーを押す必要があります。
文字変換はキーボード中央下のスペースキーです。
このあたりはPCと同じ操作感ですね。

ノーマルの入力よりは下に書いたAqua Mozc for Titanを使うほうがストレス無く文字入力できると思います。


とりあえず気になった点

4Gのつかみが悪いが使っていると安定してくる?
なぜか自宅では3Gになりやすく、外出して戻ると4Gになる
まずはAPNの設定をしないといけないらしいです。
私の使っているのは『マイネオ』です。
他のMVNOをお使いの場合も同じように設定する必要があります。

「設定」から
「ネットワークとインターネット」wi-fiをオフにします。
「モバイルネットワークの詳細設定」-最下段の「アクセスポイント名」へ
「画面右上の「+」をタップ
「名前」をタップし適当な名前を入力(みねお)でおk
「APN」は ”mineo-d.jp”
「ユーザー名」は ”mineo@k-opti.com”
「パスワード」は ”mineo”
「認証タイプ」は ”CHAP”
「MVNOの種類」は ”SPN”
最後に必ず画面右上の・が3つ並んだ所をタップして「保存」をして下さい。
モバイルネットワークの設定は以上です。

キーボードはGoogleIMEを入れてみましたが「BSキー」を押すとなぜか消そうとしている文字が貼り付けられてしまう現象が起こる。
私だけの環境だろうか。

某掲示板で紹介されていたAqua Mozc for Titanをインストール
初めて使うので勝手がわからないがGoogle IMEの辞書がインポートできたので良しとします。
Aqua Mozc for TitanについてはTwitterを追っかけると良いと思います。

・Novaランチャー、EVIEランチャー共にバッジ通知されない。
いまのところEvieランチャー使ってます。
ただしAndroidなので通知ランプが点滅してくれるのでバッジは不要かも。

NOVAランチャーを再度インストールしたところバッジ通知されるようになりました。
ホームとプライム両方入れています。

QRコードリーダーはない?
Intelligent asistanceのなかにSCANという項目があります。
これがQRコードリーダーだと思います。です。

・スリープ状態で本体を動かすとスリープ解除になるのをやめるには。
設定の「ディスプレイ」「指を離してスリープ状態から復帰」をOFFにする。

・SDカードはサンディスク64GBを使用
他のAndroidスマホで使用していたものをインストールしましたが、フォーマットしなければ認識しませんでした。
初期設定段階ではカメラ画像は本体に保存されるようになっていましたが、設定-Storage passから保存先を変更できました。

・バッテリーの持ちは悪くないと思います。
用途で個人差は出ますが私のは無設定で丸2日持ちます。

・TitanにSuicaカードを追加しました。
背面にポケットを貼り付けスイカカードを忍ばせました。
いつも利用するローソン用にポンタカードも入っています。

もちろん電磁波エラー防止シート入です。

 

まだまだ使い込まないと分かりませんので追記していきます。


UnihertzはJelly Proに続いて2台目

Jellyは手のひらにスッポリ、Titanは手に余るほどの大きさという。

Jellyも好きなのですが流石に小さすぎてLINEの返信もままならず

バッテリーも常に気にしないといけないので常用は難しい面もありました。

まあ、この馬鹿デカイTitanも使い所は限られそうですが。

デスクワークが主の私ですが常用してみて案外と悪くない。

キータッチが重いこと以外は、慣れたら問題ない感じです。

 

Unihertzさん次機種楽しみにしていますよ。