祝!東信男子バスケットボール大会 優勝!!

第51回東信地区バスケットボール大会決勝日

一昨日、昨日とアクセス数が普段の倍以上という・・・
新聞に全県の結果が載ったのでアクセスもやっと普段通りになるでしょう。
ということで決勝日の感想を。

普段はとにかく早めに会場入りする私、特に決勝日は駐車場が混雑しますから。
ところが野暮用があって到着は40分前
やはり駐車場は満杯で遠くの駐車場へ行くようにとのこと。。。

重い荷物を担いで歩いたがトラブル発生、再び車へ戻るハメに
「こりゃ今日はろくなことが無いぞ・・・」って気分に。

なんとか会場入りしたがチームの保護者はやっぱりすくない
皆さん駐車場が見つからない様子。

準決勝は何度か練習試合している手強い相手
スタートから点差を離され気味、まずいペースです。
1~3ピリオドはリードされたまま
4ピリオドになって何とか追いついてきた。

内容を見たらとても追いつくような展開ではないんだけど。
これが粘りというものなのか。
息子もファールを4つ重ねて一旦ベンチに下がるまでに、それだけ相手の動きが良いという事ですね。

しかし昨年に引き続き準決勝を勝つことができた。

さて、さてこれで決勝まで来てしまった。
本当は夢ではないのか?
そんな気分です。

決勝の相手は同じ市内のチームだが、今のところ4戦全敗
しかし全試合ともに接戦なのだ。

こちらの勝機は勢いに乗っていることか?
バスケの内容は相手のほうが上、バスケらしいバスケをしていると言うのだろうか。

それでもわからないのが勝負事です。

試合開始から「いつ相手の猛攻がくるのか・・・」という不安に駆られながらも4ピリオド終盤まで僅差でリード

残り1分がどれだけ長かったことか・・・
最後は逃げ切りすることができました。
周りのお父さんお母さんたちとバンザイを。

たぶんこれは大番狂わせといって良いのだと思います。
息子も「この3試合、また同じ相手とやっても次は勝てないだろう」と言っています。

試合終了後から今日に至るまで、各方面の方から祝福を頂き本当に幸せです。
それだけ大きな事を成し遂げたんでしょう。
応援して下さった皆様、監督コーチ、学校からも先生方が応援に駆けつけてくれました。
ありがとうございました。

3週間後は県大会ですが無心で戦って欲しいです。

第51回東信地区バスケットボール大会

上小大会を予想外の成績(悪い意味)で進んだ今日の東信大会
「次男の中学バスケも今日が見納め」という気持ちで会場入りしました。

1回戦、ちょっと緊張気味なのか?皆動きが硬い
息子は足首の古傷が再発し早々ベンチへ、どうやら次の試合に備えるようだ。
中盤以降は徐々に点差を離して勝利、3年生は全員出場できてよかった。

2試合目は正直言って勝てるとは思わない強豪が相手
練習試合でも完敗だったらしい。
第一ピリオドは9点差、私の予想では悪くて30点差良くて15点差で負けると思っていた。
第二ピリオドでは7点差に縮める。もしかしてそんなに差が開かないのか?
第三ピリオドでは五分五分のペースに、リバウンドはこちらが完全に支配している。
第四ピリオドは少し夢をみてもいいのか?って気分になってきた。

最後は僅差で勝利することができたのだが、正直勝てるとは思ってもいなかった相手だったので本当に嬉しかった。
これで県大会出場が決まった。

選手たちは本当によく頑張ったと思う。

たくさんの人に祝福してもらって幸せでした。

明日は怪我のないように頑張って欲しい。

もうしばらく追っかけも続きそうです。

平成24年長野県高校総体バスケットボール大会

今年の大会も東海大三の優勝でした。
男女アベック優勝でしたが、男子は6連覇ということでちょっとこの先も死角なしという感じです。

長男のチームも出場しましたが初戦敗退。
勝つチームもあれば対戦数だけ負けるチームもあるので仕方ない。
3年間お疲れでした。
これからは次の目標に向かって気持ちを切り替えて歩んで行って欲しいと思います。
この先でもバスケをしたいのなら別なところの努力が必要です。

私は追っかけがなくなりちょっぴりブルーです。